baby bed

ベビーベッドの種類と選び方

おしゃぶりをしている赤ちゃん

初めての赤ちゃんを迎える準備として、ママさんが真っ先に思い浮かべるのが「ベビーベッド」ではないですか。ベビーベッドが欲しいけどまずは買うかレンタルにするか決め、どんなものにしようか、大きさはどうしようかなど悩みどころがたくさんのアイテムですよね。失敗しないベビーベッド選びのために、住宅事情を考え、それぞれのスペースに合ったベビーベッドを、サイズ、高さ、機能性もしっかり考慮して選ぶのが大切です。まずはベビーベッドのサイズには、大きさ、高さで4種類あるので紹介します。
「ノーマルサイズ」120×70㎝と一般的なサイズのベビーベッド。販売されているベビー布団も主にこのサイズです。
「ミニサイズ」ノーマルサイズより小さく、主に90×60㎝のものが多い。部屋があまり広くない人にはこちらのサイズがオススメです。
「ハイタイプ」布団を敷く床板の位置が、約80㎝の高さのもね。普通のベビーベッドよりも高く作られているため、腰をかがめずにオムツ替えなどのお世話ができます。
「ロータイプ」布団を敷く床板の位置が、約10~50㎝前後のもの。布団のベッドよりも低く作られているため、大人用のベッドにくっつけて添い寝をするのにオススメです。
産まれたばかりの赤ちゃんは1日のほとんど寝ながら過ごします。寝心地の良いベビーベッドを選んで快適な空間を作ってあげてください。